会長挨拶

ご挨拶

このたび2021年4月に、九州矯正歯科学会会長を拝命しました小椋 幹記です.

 九州矯正歯科学会は2005年に設立され、九州における歯科矯正学の進歩普及、学術の発展、住民の口腔衛生の向上に寄与して参りました.九州8県および九州地区の5大学を単位とした支部から構成されており,550名を超える会員からなる歯科矯正学の学術団体です.

 本学会では、歯科矯正学発展のため (1)学術大会等の開催、(2)機関誌等刊行物の発行、(3)研究および調査の実施、 (4)研究の奨励および研究業績の表彰、(5)関連学術団体との連絡および協力、(6)国際的な研究協力の推進,(7) 医療・対社会に対する事業の実施等の活動を行なっております。

 昨年からのコロナ禍により,本学会でも昨年度の学術大会は中止を余儀なくされました.これらの問題を含め,学会を継続して運営していくために検討すべき課題は少なくありません.

 歯科矯正学・矯正歯科医療のさらなる進歩・発展を目指し、役員一同全力で取り組んでいく所存ですので、皆様におかれましてはより一層のご理解とご協力を本学会に賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

九州矯正歯科学会会長

小椋幹記

 

2021/04/21